2017年8月7日月曜日

京都の絶品ステーキランチ!赤身肉が好きなら「京都Dining正義」の正義ステーキセット300g は必ず食べておくべし

ステーキ

安いステーキチェーン店などに通っている場合ではなくなってしまった。先日体験した白昼夢のような肉汁話を聞いておくれよ。

高瀬川のほとりを歩いていると、ランチタイムステーキの看板を見つけた。それにつられて歩んでいくと...
ランチ看板

おやおや一見すると敷居が高そうな感じの店構え、京都Dining正義(京都ダイニングまさよし)
京都dining正義 店構え

恐る恐る足を踏み入れてみれば、気さくな店員さんが出迎えてくれた。

通されたのはカウンター席、お一人様だとこの席になるようだ。店内BGMはお琴。
カウンター

鹿おどしのあるステキな中庭が見える。真夏なのに涼しげ。お庭をはさんで向こうの縁側にはテーブル席もある。
お庭

こちらランチタイムメニュー。どうやらステーキ専門店?
昼メニュー

肉は正義!
しかし店名は「せいぎ」ではなく「まさよし」と読むようだ(^_^;) それにしても300グラムでこの価格はかなりお得。迷わず正義ステーキセット300gをオーダー これで1,300円也! 付け合わせはインゲン ポテト 玉ねぎ
正義ステーキセット300g 全貌

なにしろ300gだから、お肉は二段に重なってるのだぞ! あらかじめ切ってあるので、お箸でいただくことができる。
正義ステーキセット300g

見た目は醤油っぽいけど味はかなり甘めのつけダレというかステーキソース。卵黄が入っている。生卵というよりはすこし半熟ぽいかも
この卵が肉とタレを絡めとって味をまとめる!!!
ステーキつけだれ

赤身のレア肉は、何もつけなくても噛むほどに肉の旨味が溢れ出してくる。これは赤身好きにはたまらん
ステーキ

タレ以外には塩も卓上にあるので積極的に使いたい。肉の味を味わうならやはり塩!また原了郭の黒七味も置いてあり、ステーキに載ったニンニクチップと合わせてガツンとパンチを効かせられる
祇園 原了郭 黒七味

二段に積み重なった肉の下の段は鉄板に触れていたのでウェルダンからミディアムくらいに焼けている。つまり一回のランチで様々な焼き方を楽しめる!!

ウェルダンに焼けた肉には黒七味と塩をブレンドして付けながら食べてみたがとてもよくマッチした。
塩に黒七味

ところでずっと端の席にフランス語だかスペイン語だかを話すラテン系カップルがおり、女性のほうが店員と話すときは京都弁になっていた。ラテン系女性の京都弁、これは萌える。新しい萌えを発見した。京都、奥深い。

支払いの際、お店の方にうかがったところ、ここは焼肉屋の系列で別形態の店舗にしたそう。どおりでカウンターにグリルがあったわけだ。
焼肉グリル

夜もランチと同じメニューが食べられるが200円増しになるそうなので、ランチタイムが狙い目。近隣のステーキチェーン店よりも少し安めで美味しい肉がたっぷり楽しめた。
夜メニュー

ちなみに朝この界隈を歩いていると、この店の店員さんが朝食の看板をかかげていた。話を聞いてみると、朝はさすがにステーキではないが、定食などを出しているそう。そちらも今度行ってみたいと思う。

京都Dining正義